2017年08月23日

潟Vリウスの聖品(パワーストーン)を持ったあなたへ

あなたが、もし、聖品を購入してしまったなら、心から、シリウスから手を切ることを望む。
次第に、シリウスのスタッフは、効果が上がる、もっと幸運になれる、割引があるとあらゆる甘言を用いて上級会員に進むことを勧めてくるだろう。
しかし、上級会員になった暁には、大量の金銭の要求、強制的な購入、借金の強制が待っているだけである。
あげく、問題があると、強制的に会員をやめさせられ、残るのは莫大な借金と精神的な負担だけだ。
私は、そういう人を多数見てきたし、作っても来た。
シリウスがやってきた悪行は、他のブログにも書かれている通りである。
元社員から見て、書かれている内容はほとんど真実である。

あなたが、どうか、シリウスと手を切ることを望む。
posted by 小松 at 05:17| Comment(7) | TrackBack(0) | 会員の方へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月23日

すでに何個か購入してしまい、支払いがまだ残っている人へ

あなたがシリウスと手を切りたいが、すでに何個かを購入していたり、まだ支払いが残っているのなら、
消費者センターへ訴えることが、まず第一。
まずは電話相談だけでも、行ってみよう。
筆者は営業管理部(現在は入金課や金融庁)に勤務していた。その時の経験から書くと、消費者センターから営業管理部へ電話が来ると、非常に面倒だった。いつも、上司が対応していたが、とても嫌だった。それ位、熱心なのである。
消費者センターが介入してきた場合、支払いが残っている聖品の返品、その返金には、ごねるが最終的には応じる場合がほとんどだ。
まず、消費者センターに介入してもらい、支払い途中の聖品の返品、返金を完了させよう。

そして、すでに何個が持っている人の場合は、消費者センターが介入してきても、なかなか応じることはしない。商法上、取引が完了してしまっているからだ。
霊感商法なのだから、あきらめてはいけない。消費者センターの人も根気よく、シリウスと交渉してくれる。まず、2,3個のものあれば、長引くが返金はしてくるだろう。

しかし、50万以上になる場合は、迷わず霊感商法対策弁護士連絡会に連絡し、対処してもらうのが一番である。
一度、自分もメールでの問い合わせを行ったが、親身に対応してくれた。
もし、裁判などで争う場合、返金された場合、弁護士費用などそこから捻出してくれるのだ。本当に熱心な人たちなので、頼ることをおすすめしたい。
posted by 小松 at 05:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 会員の方へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月28日

伯壬旭(小島露観)の未来予測

なにか、また団体名を変えたようですね。八幡帝国、八幡幕府、天業古代王朝。

今回は伯壬旭(小島露観)の未来予測について、書かせていただきます。

時間の神・ZARAZ(ザラズ)の権化神である伯壬旭は、何かと
「私が言ったことは、必ず起きる」
「形而上で起こったことは、形而下で必ず起きる」
と言い、霊界でさまざまなことを起こしていると主張しています。
そして、何度なく未来予測を行い、すべてが
伯壬旭の予測と反対方向に現実が動く
という実績しかありません。

当時、私が社員になりまだ駆け出しのころ、
剣修練(毎月1回あつまり、会合と霊的に相手を倒す剣の修練を行う)の後の、
直会(なおらい/飲み会のこと)で伯壬旭の前に座ったことがありました。
当時は、とても光栄で、いろいろと聞きたかったことを聞いたのを覚えています。
その中で、伯壬旭の語録で「北朝鮮は潰れる。韓国と統一される」という言葉があり、私は
「国が潰れる? そんなダイナミックな事柄が本当になるのだろうか」
と疑問で、それを直接聞きました。

「北朝鮮が潰れると仰ったと聞きましたが、私には国が潰れるというのは想像できません。
本当に潰れるのでしょうか? 金正日は亡命するのですか?」
と素直に疑問を口にしました。
(当時、飢餓問題などでさかんに日本でも北朝鮮のことが報道されていました)

私の問いに対して、伯壬旭ははっきりと
「数年のうちに、必ず潰れる。」
と答えました。
これはハッキリと記憶しており、正確な言葉です。
さらに北朝鮮の社会情勢のこと、伴う霊的なことを私に教えてくれました。
当時は、とても光栄でした。今だったら、いろいろと突っ込むんですけどね。

答えは皆さんもご存知のように、あれから約10年を経ても、潰れることなく、息子に代を引きついでますね。
「私が言ったことは、必ず起きる」
「形而上で起こったことは、形而下で必ず起きる」
とは、必ず逆を行くのが伯壬旭のクオリティ。

北朝鮮以外にも、
「北京オリンピックのあとに、中国のバブルは弾け、世界経済はすごいことになる」
とも言ってました。
はい、これも御言葉とは逆に、その後も中国は延び続け、最近はバブルが弾けることなく、経済成長が安定さえし始めています。

そして、私が訴えたい本題。
未来予測が単純に外れるだけなら良いのです。これにかこつけて、
「世界経済が動乱になる」
「日本経済は破綻する」
と言い、不安を煽り、社員達は聖品や社債を売りつける。
当時、経理関係の仕事をしていたので覚えていますが、北京オリンピックのころに、2000万円の社債を申し込んだお客様もいらっしゃいました。
担当した営業社員に聞いたら「北京オリンピックのことを話し、経済が滅茶苦茶になると脅した」と話していたのを覚えています。
伯壬旭の出鱈目な未来予測は、営業のために出されているといっても過言ではありません。

伯壬旭
「日本は駄目になる」

と幹部会などで伝えられ

上杉魁(田口将○)、竜胆シノ(宇賀○夏○)※ともに大幹部。両名とも脅迫営業の首謀者 
「顧客の不安をあおれ」

と営業部位に指示。

営業部員
「その危機を回避するには、これを買わなくては駄目だ!」


と、お客様に脅迫的な営業をかけるのです。
(お客様の前に、社員が「買わないやつは非国民」のような営業を、竜胆から受けます。買わないと呼び出されます。私は呼び出されました。)
明確にしておくために書きますが、
伯壬旭も当然、この流れを知っており、推奨している発言をしています

もし、あなたが、(株)シリウスから「未来はこうなる」と強力に営業をされていても、購入しなくても大丈夫です。言っている危機は絶対に来ませんから。
(現実的には連絡を絶ち、消費者センターに訴えるのが一番です)

posted by 小松 at 02:20| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。